FM東京『フェイズ・ワン・イン・ニュージョーク』MIX TAPE

 またもや所蔵テープよりデータ化しました!

 

当時はFM雑誌を買っていたのでDJミックスやクラブミュージック的な番組はなるべくチェックするようにしてたんでしょうね。自分は80年代後半から90年代前半のダンスミュージック全般的に詳しい方かも知れません。と言いますのも、こう言ったエアチェックはもちろん地元中学の同級生にオタクDJが何人かいたんですよ。それは高校になって発覚したんですが、地元で偶然会ったらCISCO(ダンスミュージック専門のレコード屋)の袋持ってて”CISCO行ってるの?”的な感じで中学の時は特別仲が良かった訳では無いんだけど高校になって”音”で繋がりましたw 全般的と書いたのはハウスが好きなやつ、ヒップホップが好きなやつ、レゲエが好きなやつ、とそれぞれいまして当時は金も無かったから皆でお互いのレコードを貸し借りして録音してたんです。ネットなんか無い時代の、しかも東京郊外の田舎ですからね。貴重な情報源でした。

 

このテープは恐らく1988年のものだと思います。番組名が『フェイズ・ワン・イン・ニューヨーク』(だと思う)と言ってFM東京にて放送されてたニューヨークの最新情報をお届けしてた番組な気がしますがよく覚えてませんw 記憶の中でダブってるのはちょうどこの時期に同じFM東京で放送されてた『FMトランスミッション・バリケード』と言うノンストップ音楽番組もありました。その番組もカッコイイ曲がかかるので一時は録音してたんですが選曲家がセレクトしてる感じの番組で所謂ガッツリのDJミックスでは無かったのでそのテープは処分してしまったようですw 記憶が確かなら、この番組で小林径さんが選曲担当の日があり今思えばレアグルーヴの選曲だったのですが「Shaft In Africa」がかかってCOOKIE CREW/Born This Wayの元ネタだと知ってアガった記憶があります。ちなみにこの『FMトランスミッション・バリケード』は去年一夜限りのイベント「FM transmission barricade 2019」が開催されてたようです。今知りましたがw

 

さて『フェイズ・ワン・イン・ニューヨーク』に話を戻します。『FMトランスミッション・バリケード』のほうは長期間放送されてたので情報があったのですが、この番組はググっても全く情報が出てきません。放送期間が短かったのかな?そう言った意味では貴重な音源だと思います。これも同録をその後纏めて1本に編集しました。

 

DJはA面がDISCO SAVAGEよりトム・リチャードソン。

 

そしてB面はCLUB MKよりジャスティン・ストラウス。

 

どちらも当時ニューヨークにあったクラブです。トムさんは箱DJなんでしょうか?自分は知りませんが、ジャスティンさんはリミキサーとしては有名ですね。ちなみにこれを書くにあたり発覚したのですが、JUSTIN/Think(About It)ってJUSTIN STRAUSSさんだったんですね!?レコード持ってますが今知りましたw

 

テープの手書きインデックスについてですが、これはFM雑誌を見てそのまま書いたんだと思います。

 

ジャスティンさんの”NY超絶混曲必聴技”と書いてますが、今聴くとトムさんの方がミスが無くDJは上手い気がしますw

 

内容はニューヨーク、シカゴ、UK、アシッドなど当時の最新ハウス・アンダーグラウンド・ヒット満載となっております!日本のディスコではユーロが主流だった80年代後半はこの内容はちょっと渋めかも知れませんね。ここら辺よりはBLACK BOXやLONNIE GORDON,49ERSなど、、、ピアノが派手なイタロ・ハウスの方がユーロとも混じりやすくディスコではこちらの方が一般的だったと思います。俺はどちらも好きですけどね。アシッドは当時はイマイチでしたが今聴くとブリブリな程カッコイイですね!ドラッグやって無くてもそう聴こえますw  

 

ところでアングラとメジャー(ディスコでかかるハウスって意味もある)を繋いだターニング・ポイントとなったハウスはやはり91年のCRYSTAL WATERS/Gypsy Womanではないかと思います。特にダンスミュージックに詳しく無い人達はこの曲からハウスってものを認知したのではないでしょうか?前述のBLACK BOXはハウスって認識はあまりされてなかったですね。あくまでもイタロ・ハウスw 

 

余談ですが、昔ディスコで仲良くなった子がニューヨークのクラブに遊びに行った時の話。フロアが暗転してGypsy Womanのあの印象的なイントロがかかってライトアップされたら本人が歌ってて鳥肌立った!って話を思い出しました。俺あの頃の写真まだどこかに持ってるな。名前は忘れたけど顔は覚えてる。あの子どうしてるかなぁ?w 

 

と言う訳で。このミックス・テープはアーリー・ハウス好きには堪らないかも知れません。当時は自分もこれ聴いて勉強しましたね。誰の曲か分かった時は嬉しかったぁ。Shazamがある今は本当に便利ですね。

 

今回はサクッと書こうと思ってましたが、歴史を振り返ったら割と長文になってしまいましたw  それでは、当時のニューヨークのクラブの最先端なプレイをお楽しみ下さい!!

 

一足お先に

 錚々たる皆様と共に私もセレクト参加させて頂いた『なかの綾 10周年 7インチ×5枚 限定BOXセット』

6/10発売よりひと足お先に到着!

 

 

「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」1コーラスまでにボックスの中身をチラ見せ♪

サンプラーネタを葬る前にアップ

5/1にDJ配信したなかの"志村けん・セット"の一夜漬け仕込みネタ。
サンプラーから消去する前にド頭部分のみクイックでチラ見せします

 

反応がのびたからサンプラーから消さずに一旦保留する事にした。皆さん、この場をかりてありがとうございます😊

 

今迄そのイベント用に仕込んでは消してって数えきれない程繰り返してきたけど、こう言ったリサイクルで反応あると費やした時間と労力も報われますわ👍

 

レコード同様アナログ派な自分。アプリやら使いこなしたり率先してやらないタイプですが、実は最近配信用録画撮り仕事いくつかやったついでにやりました。携帯で直に撮影だとサンプラーを押す音やフェーダーのカチカチ音が目立つから初めてiMovieを試しに使った訳ですが、音質のクオリティて大切ねー!

 

 

 

******************************【INFORMATION】**********************************

NEW!

『DYNAMITE国産DANCE CLASSICS vol.2 -Breezin Funk-』¥1800(税込)LISTEN


NEW! DJ schedule(4/7付)はコチラにて
 
youtube 不定期開催の国産音源DJパーティー「GROOVY和物SUMMIT」Facebook  Twitter


 

 

*吉沢dynamite.jp&CHINTAM監修執筆 

Japanese Groove Disc Guide「和モノ A  to Z」¥2700 
大好評発売中!ご購入はAmazon 他、全国の書店にて。

 

*吉沢dynamite.jp選曲&監修コンピレーションCD(ご購入はレコード店、Amazon他にて)

   

・左:『和モノAtoZ presents GROOVY和物SUMMIT ビクター編』2016.3/23 OUT

・右:『国産ディスコ・ナイト』 2018.8/29 OUT

 

・左:『和モノAtoZ presents GROOVY和物SUMMIT コロムビア編』2018.12/19 OUT

・右:『和モノAtoZ presents GROOVY和物SUMMIT Columbia Rare Groove Collection』2019.3/27 OUT

 

* MIX CD発売中! ※送料無料(定型外、ゆうメールのみ)

   

・左;『DYNAMITE国産DANCE CLASSICS vol.1』¥1800(税込)2018.6/12 OUT ♪LISTEN

・中:『SUPER和物BEAT Vol.6』¥1800(税込) 2016.9/1 OUTLISTEN 

・右:『SUPER和物BEAT Vol.1』(リマスタリング再発)¥1800(税込) 2016.9/1 OUTLISTEN  ※在庫切れ間近!


    
・左:『SUPER和物BEAT Vol.4』¥1800(税込) 2010.9/25 OUTLISTEN

・中:『SUPER和物BEAT Vol.3』¥1800(税込)2010.4/2 OUT♪LISTEN

・右:『80s.jp(CD-R)』¥1200(税込) ♪LISTEN ※お一人様2枚まで。残りわずか!

 

ご購入希望の方は下記必要時をご記入の頂き info@dynamite-jp.com 迄ご連絡下さい。

※注:ドメインがocnの方は迷惑メールに入る確率が高いので可能であれば別のドメインからお願いします。
*希望タイトル・枚数:
*郵便番号:
*住所(建物名):
*氏名(漢字)・フリガナ:
*電話番号(任意):

*振込先:ゆうちょ銀行 or りそな銀行 どちらかを選択。


早朝にやってDJミックス番組をデータ化

 今月中の締め切り仕事を差し置いて金にならない事を連投しておりますw でも今しかやれない気がして。

 

 

さて今回はまたもやFM Nack5。そちらで放送されてたミックス番組『GOOD MORNING No.1』をデータ化しました。この番組をネット検索したところ、これはwikipediaがありました→ コチラ

 

日を跨いで0時過ぎたら朝と言う意味で夜中に放送されててもこのタイトルだとばかり思ってましたが、Wikiによると5:00~7:00の超早朝番組でした!しかも毎日日替わりでパーソナリティが入れ替わってたようで日曜日だけは”ノンストップ・クラブ・ミックス”なお題だったと判明しました。こんな早朝に俺は本当にエアチェックしたのだろうか?聴いていたのは覚えてますが記憶無し。頑張ってたなぁ俺w 

 

他の曜日は芸能人やミュージシャンなど当時割と有名な方達ですね。水曜日はなんとP.J.も担当してた!知らなかった。でも日曜日だけ一般的には知られていない方々、いわゆるDJが担当してたんですね!

 

そんな日曜日のパーソナリティはDJ アイク&内藤キミタカ。このアイクさんはIke Nelsonさんと言いまして横浜あたりでDJされてた日本語も話すアメリカ生まれの黒人DJさんでした。俺もこの放送後何年かしてそれを知りました。この辺りはMixtepetroopersさんのブログにて詳しく書かれております(さすがです!)。そしてもう一人のDJ内藤キミタカさんは当時どういう方か分かりませんでした。この番組はDJミックスが基本で最後に曲紹介と言うスタイルだったので尚更。調べてみますと、この方は現在も?横浜中心にプレイされてるナイトウキミタカさんと同一人物ではないかと思います。アイクさんも横浜だし。でもなぜ埼玉のNack5なんでしょう?w

 

ミックスについて。このテープも同録して再び自分が編集したようです。

 

まずアイクさんはブラックミュージックを軸に時に黒さがあるユーロビート(ドナ・サマーなど)やラテンフリースタイル、ソウルやファンクのクラシックも混ぜながら最新だけでなく幅広くブラックミュージックをプレイしており当時とても刺激的で勉強になりました。R&Bでスクラッチしてたのも新鮮でしたね。

 

一方、内藤さんのミックスはスムースな繋ぎながらアルバムからのチョイスあったりと割と渋めの選曲をいつもしてたような気がします。アイクさんがパーティー系なら内藤さんはソウルバー的な感じとでも言いましょうか?各々の個性が出てて良かった気がします。

 

ところで。このテープを改めて聴いて気づいたのですが、アイクさんのDJタイムで(確か)BABY FACE/It's No Crimeのインストにそのアカペラでスクラッチしてた部分が凄くカッコ良かったのですがこのテープではなかった、、、。まだ他にも同録テープを持ってたようです。どこ行ったんだ、、、?

 

それでは、どうぞ! ※Nack5は埼玉だったので西東京では放送受信が安定しなく音割れみたいな箇所や聴き過ぎてテープが伸びたのか途中音が片側小さく箇所もあります。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode